イソフラボン倶楽部 > アディポネクチン

アディポネクチン

脂肪細胞(特に内臓脂肪細胞)から分泌されるサイトカイン(情報伝達タンパク質)。インスリンの働きを高めて糖代謝をスムーズにし、血管を拡張させて血圧の上昇を押さえる働きがあるほか、血管の傷を修復して、動脈硬化を予防する働きでも知られる。脂肪細胞が肥大化すると分泌量が低下するので注意。