性成熟期とイソフラボン

性成熟期の気になる症状「プレ更年期」

ストレスや生活習慣の乱れでホルモンバランスが乱れると、 若くてもまるで更年期みたいな症状が!

プレ更年期ってなに?

実は、“プレ更年期”という医学用語はありません。そのため、はっきりとした定義がないのが実際なのです。“プレ”というのは“前”という意味ですが、一般的には更年期の前、30代後半~40代前半に起きる、ほてりやのぼせ、イライラ、不眠など、まるで更年期のときに起こる不調のことをいいます。 また、20代~30代の女性で更年期のような症状が起こる場合は“プチ更年期”と言われることもあるようですが、こちらも“プレ更年期”と同様に医学用語ではありません。

なぜ起きる?

更年期の場合は、加齢による卵巣の機能低下が原因ですが、プレ更年期の不調の多くは卵巣の老化よって起こるものではありません。 “プレ更年期”の場合は、その多くが、不規則な生活やストレス、無理なダイエット、夜更かしなどによる自律神経の乱れが原因と言われています。さらにその影響を受けて、生理周期が乱れるなど、ホルモンバランスに影響が出てくることもしばしば。 というのも、自律神経をつかさどる脳の視床下部というところは、卵巣に「女性ホルモンを出せ~!」と指令を出す場所でもあるのです。そのため脳がストレスを受けると「ホルモンを出せ~!」の指令がうまくいかず、卵巣機能は正常でもホルモンの分泌が乱れてしまうことに。 30代、40代といえば、仕事に子育てにと、女性の一生の中で最も充実し、また多忙な時期。仕事上では責任も重くなってきます。そんな中疲れやストレスが溜まることで、ホルモンのバランスが崩れやすいといえるでしょう。

“プレ更年期”の不調をやわらげるには、何よりも生活スタイルを見直して自律神経を整えていくことが大切です。特に睡眠は、とても大切。夜更かしはせず、規則正しい睡眠を心がけましょう。 なお、無月経の状態が3ヵ月以上続く場合は、放っておくと不妊や早期閉経の要因にもなりますので、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

簡単セルフケア
  • 更年期女性イソフラボンサプリメント飲用エストロゲンに似た作用が認められているアグリコン型イソフラボンのサプリメントを上手に利用して、エストロゲン不足をやさしく補いましょう。
  • 夜早く寝て早起きする規則正しい生活を心がけましょう。
  • 更年期女性 バランスの良い食事バランスの良い食生活を。無理なダイエットは控えて。
  • 1人で悩ます産婦人科で相談しましょう。
  • 更年期簡単セルフケア「アロマ」アロマテラピーでは、ホルモンバランスを整える働きが期待されるクラリセージやゼラニウムなどが勧めてられています。入浴の際、これらの精油を数滴たらし、アロマバスを楽しむのもリラックス効果があってお勧めです。
プレ更年期にいいツボ

若年性更年期に効くツボ【関元】 関元(かんげん)
おへそから指4本分下の箇所

若年性更年期に効くツボ【だいちょうゆ】 大腸兪(だいちょうゆ)
骨盤のラインの背中中央から左右に指2本分外側の箇所

よくある質問
Qイソフラボンは、女性なら何歳でも飲んで大丈夫ですか?
A

食品安全委員会のイソフラボンの評価によると、15歳以上の方を対象としています。(妊娠中および授乳中は除く) し…

[続きを読む]
Q子宮筋腫があります。飲んでも大丈夫ですか?
A

現在発表されている研究データからは、大豆やイソフラボンは子宮筋腫に悪影響を与えることはないと確認されています。…

[続きを読む]
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む