更年期以降とイソフラボン

更年期からそれ以降の気になる症状「しわ・たるみ」

年のせいだけではない! 更年期とコラーゲンの深い関係!

どんな症状?

更年期女性「しわ・たるみ」年齢とともにお肌も徐々に衰えますが、更年期になると急に肌のハリやツヤが失われ、しわやたるみが現れてきます。個人差もありますが、「薄かったシミがだんだん濃くなってきた」、「目の下に細かい皺がたくさんできる」、「なんだか頬がたるんできた」などの変化を感じる人が多いようです。

なぜ起きる?

お肌のハリや弾力の元となるコラーゲンは、真皮を形づくっている成分の70%を占め、肌を内側から支えています。ところがコラーゲンは年齢とともに減少し、20歳のときと比べて60歳では半分以下にまで減ってしまいます。 ところで、エストロゲンにはコラーゲンの生成を促す作用があり、肌のハリやツヤの維持に役立っています。ところが更年期になるとエストロゲンが急激に減少。そのためコラーゲンが作られにくくなり、お肌がやせてしわやたるみが目立つようになります。 更年期のしわやたるみは、エイジングとエストロゲン不足で、二重のコラーゲン不足に陥っているというわけです。 エストロゲンの分泌の推移

簡単セルフケア
  • 更年期女性イソフラボンサプリメント飲用エストロゲンに様作用のあるアグリコン型イソフラボンには、コラーゲンの生成を助ける働きが確認されています。(1)食事やサプリメントから積極的に摂取して、エストロゲン不足をやさしく補いましょう。
  • コラーゲンを含むたんぱく質を積極的に摂りましょう。その際は、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを多く含む緑黄色野菜や果物も一緒に摂ることを忘れずに。なお、コラーゲンの多い食品は高カロリー食品が多いので、カロリーが気になる方はサプリメントを利用しても。
  • 更年期女性「睡眠」睡眠をしっかりとり、バランスのいい食生活を心がけましょう。 タバコはしわ、たるみを増長しますのでタブーです。
  • スキンケアは保湿を心がけて。乾燥はしわ、たるみを招きます。
  • 更年期簡単セルフケア「アロマ」アロマテラピーでは、乾燥にはカモミール、パルマローザ、たるみには収れん作用のあるローズマリーやレモンなどが薦められています。
美肌にいいツボ

しわ・たるみに効くツボ【けんりょう】 顴りょう(けんりょう)
ほお骨の一番高いところの下、目尻から下にたどった箇所

しわ・たるみに効くツボ【地倉】 地倉(ちそう)
口角のやや外側

参考文献

  • (1)▲Sudel et al: Novel Aspects of Intrinsic and Extrinsic Aging of Human Skin: Beneficial Effects of Soy Extract. Photochemistry and Photobiology 81: 561-87, 2005
よくある質問
Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラ…

[続きを読む]
Qイソフラボンは、女性なら何歳でも飲んで大丈夫ですか?
A

食品安全委員会のイソフラボンの評価によると、15歳以上の方を対象としています。(妊娠中および授乳中は除く) し…

[続きを読む]
Q他のサプリメントと併用してもいいですか?
A

特に問題はありません。ただし、イソフラボンをサプリメントで利用する場合の上限値は30mg/日という評価が出てお…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む