イソフラボン倶楽部 > 更年期以降 > 高コレステロール

更年期以降とイソフラボン

更年期からそれ以降の気になる症状「高コレステロール」

コレステロール値が上がったのは年のせい? いいえ、エストロゲンの減少も影響しているかもしれません。

どんな症状?

「健康診断でコレステロール値が高いと言われた・・・」 「特に悪玉コレステロールのLDLの数値が高いと言われて気になる・・・」こんなことはありませんか? これまで全く健康だった女性が、更年期に入るといきなり高コレステロールを指摘されることがあります。 悪玉コレステロールが増えると“血液ドロドロ”を招いてしまったり、血管がつまりやすくなります。

なぜ起きる?

そもそも40代くらいまでは、女性は男性に比べて高コレステロール血症になりにくいといわれますが、 それは女性が、エストロゲンに守られているからなのです。 エストロゲンは女性の体でさまざまな働きをしていますが、そのひとつに悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HLD)の合成を促進する働きがあります。 とりわけ悪玉コレステロールに関しては、肝臓にはLDLコレステロールをキャッチする受け皿(受容体)がありますが、この受容体がエストロゲンの影響を受けています。そのため、エストロゲンがしっかりと分泌されている間は、LDL受容体が血中の余分なLDLをしっかりとつかまえて、肝臓に回収してくれます。しかし、卵巣機能が衰えて、エストロゲンが作られなくなると、余ったLDLコレステロールが血液中に留まってしまい、血液ドロドロを招いたり、血管がつまりやすくなります。 LDLコレステロールは総コレステロールの大部分を占めるため、50代に入ると男性より女性の方が総コレステロール値が高くなってしまうというわけです。 血清総コレステロール値が220㎎/dl以上者の比率(30誌以上・男女)

50代に入ると女性の方が高コレステロールになるのね。

簡単セルフケア
  • 更年期女性イソフラボンサプリメント飲用エストロゲンに似た作用が認められているアグリコン型イソフラボンにも、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを抑える働きがあります。 食事やサプリメントから積極的に補うようにしましょう。
  • 食生活を見直し、脂肪の多い食品を控えましょう。特に動物性脂肪を減らすことが大切です。
  • 更年期女性 バランスの良い食事食物繊維は消化吸収されず、コレステロールを吸収して体外に排出してくれます。野菜、きのこ、海藻などをたっぷり摂りましょう。
  • ウォーキングなどの運動を習慣づけましょう。運動によって血中の脂質がエネルギーとして使われ、善玉コレステロールを上昇させ、悪玉コレステロール値が低下しやすくなります。
  • 更年期簡単セルフケア「アロマ」アロマテラピーでは脂肪燃焼効果で有名なグレープフルーツや食欲を抑制してくれる働きがあるフェンネル、デドックス効果が期待されるエストラゴンなどがダイエットに薦められています。
ダイエットにいいツボ

更年期メタボに効くツボ【飢点】 飢点(きてん)
食欲を抑えるツボ。耳の穴の前の突起の下側にあり、食事の前に刺激する

更年期メタボに効くツボ【曲池】 曲池(きょくち)
ヒジを曲げてできる横じわの外側の端

臨床データイソフラボンの脂質改善作用について(メタアナリシス)

メタアナリシス(meta-analysis)とは、複数の研究結果、研究データ(ランダム化比較試験)の結果を統合して、より高い見地から分析してまとめる手法のこと。メタアナリシスによってまとめられるデータは、医学分野において、最も信頼の高い根拠とされる。

試験結果<

イソフラボンを含有する大豆を摂取することで、総コレステロール(TC)、悪玉コレステロール(LDL)、中性脂肪(TG)の数値が有意に改善することを確認。 イソフラボン含有大豆の脂質代謝改善作用について

悪玉コレステロールを減らしているだけでなく、 善玉コレステロールは増やしているね!

※1995年のメタアナリシス論文では、29篇掲載されたランダム化比較試験論文の分析結果 (1) ※2005年のメタアナリシス論文では、23篇掲載されたランダム化比較試験論文の分析結果 (2)

参考文献

  • (1)Anderson JW. et al (1995): Meta-analysis of the effects of soy protein intake on serum lipids. N. Engl. J. Med. 333: 276–82.
  • (2)Zhan S. and Ho SC. (2005): Meta-analysis of the effects of soy protein containing isoflavones on the lipid profile. Am. J. Clin. Nutr. 81: 397–408.
よくある質問
Q大豆食品をよく食べます。その上でサプリメントを摂ると、イソフラボンの過剰摂取にならないか心配です。
A

大豆イソフラボンの摂取量については、食品安全委員会より「1日の総摂取量を70~75㎎、 そのうち特定保健用食品…

[続きを読む]
Q摂取量を増やしたいのですが、よいですか?
A

サプリメントからイソフラボンを摂取する場合の1日の上限摂取量は、食品安全委員会の評価では30mgとなっておりま…

[続きを読む]
Q他のサプリメントと併用してもいいですか?
A

特に問題はありません。ただし、イソフラボンをサプリメントで利用する場合の上限値は30mg/日という評価が出てお…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む