更年期以降とイソフラボン

更年期からそれ以降の気になる症状「関節痛」

年齢による軟骨のすり減りに加え エストロゲン不足が原因になっていることも・・・

どんな症状?

関節痛は、手指、ひじ、腰、ひざなどに多く発症し、中でもひざに顕著にあらわれます。 「正座するとひざが痛い」「階段の上り下りがつらい」「ヒールがはけなくなった」 「ひじが痛くて重い荷物が持てない」など、その悩みはさまざまです。 ひざの変形性関節炎に悩む人は、60歳以上の男性の20%、女性では倍の40%にのぼると言われています。

なぜ起きる?

関節の骨と骨が接する部分は軟骨で守られています。この軟骨はおもにコラーゲンや水分でできていて、 関節の動きを滑らかにし、衝撃を和らげる働きをしています。 年とともに軟骨はすり減っていきますが、一般的に、女性は男性に比べて関節の面積が小さいために、 一定面積あたりの関節にかかる荷重が大きいことも女性に悩みが多い要因とされています。 さらに、検査をしてもリウマチや膠原病など原因が特定できないときは、エストロゲンの減少による軟骨代謝異常で関節破壊が起こっている場合があります。 また、エストロゲンが軟骨の成分であるコラーゲンの生成にも大きく関わっているため、更年期を迎えてエストロゲンが減少するとコラーゲンが作られにくくなり、関節の軟骨が不足して、痛みを引き起こす原因となります。

簡単セルフケア
  • 更年期女性イソフラボンサプリメント飲用エストロゲン様作用のほか、抗炎症作用が確認されているアグリコン型イソフラボンを食事やサプリメントから摂り入れると良いでしょう。
  • 旬の食材そのほか、炎症を抑えてくれるオメガ3脂肪酸を豊富に含む青魚のおすすめ。逆に、炎症を起こす油として知られているトランス脂肪酸、紅花油やコーン油などのオメガ6脂肪酸を多く含む不飽和多価脂肪酸の油は避けるようにするとよりよいでしょう。
  • コラーゲンを多く含む食事を心がけましょう。
  • 関節の痛みは、冷えると悪化します。体を冷やさないように血行を良くすることを心がけましょう。
  • 体重が重いとひざなどの関節にかかる負担が大きくなります。自分の適正体重を知り、スリムアップを目指しましょう。
  • 更年期女性「水泳」関節に負担がかからないよう気をつけるようにする工夫も必要ですが、動かさないようにしていると関節を支える筋力まで衰えてしまいます。そのため、ゆっくりと関節を曲げたり、伸ばしたりするなど軽めの運動で筋力を鍛えることが必要。水中ウォークもお勧めです。
膝の関節痛にいいツボ

更年期関節痛に効くツボ【内膝眼・外膝眼】 内膝眼(うちしつがん)
ひざの皿の真下、内側にあるくぼみ

更年期関節痛に効くツボ【内膝眼・外膝眼】 外膝眼(そとしつがん)
ひざの皿の真下、外側にあるくぼみ

よくある質問
Q納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品をよく食べます。イソフラボンをサプリメントから摂る必要がありますか?
A

豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品はさまざまな栄養素を含み、とくに女性には積極的に摂ってほしい食品です。
[続きを読む]

Q更年期を過ぎても飲んでいいですか?
A

もちろん大丈夫です。
女性の場合、更年期以降に特に注意したいのが骨粗鬆症です。
閉経後…

[続きを読む]
Q他のサプリメントと併用してもいいですか?
A

特に問題はありません。ただし、イソフラボンをサプリメントで利用する場合の上限値は30mg/日という評価が出てお…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む