イソフラボンとは血流改善作用

イソフラボン摂取後2時間で 末梢血管の血液がサラサラに!

イソフラボンには、血液サラサラ作用も確認されています。 それは、イソフラボンは血小板の凝集を抑制する働きがあり、その結果、赤血球が重なったコインの ようにつながる連銭形成を改善するためです。(1) アグリコン型イソフラボンは約2時間で吸収のピークを迎えるため、(2) 血液サラサラ効果も 摂取後約2時間で効果があらわれます。 イソフラボン摂取後の血流状態測定

イソフラボンを摂取して、2時間でサラサラになったね!

グリコシド型とアグリコン型イソフラボンの吸収性のグラフ アグリコン型イソフラボンとグリコシド型イソフラボの吸収性 (2)

イソフラボンは約2時間後に吸収のピークを迎えるのね!

分子量の大きいグリコシド型イソフラボンと比べると吸収率は約3倍も違うんだよ!

参考文献

  • (1)Norberta W., et al.: Dietary soy isoflavones inhibit activation of rat platelets, J. Nutr. Biochem. 10: 421-426, 1999
  • (2)T. Izumi, et al.: Soy isoflavone aglycones are absorbed faster and in higher amounts than their glucosides in humans., J Nutr., 130(7): 1695-1699, 2000
よくある質問
Qなぜ、イソフラボンをサプリメントでとる必要があるのですか?
A

イソフラボンの効果を効率的に得たい場合は、サプリメントでの利用をお勧めいたします。 大豆製品に含まれるイソフラ…

[続きを読む]
Q血栓症を予防するために、ワルファリンを飲んでいます。イソフラボンを摂取してもいいですか?
A

アグリコン型イソフラボンのワルファリンに対する作用に関する報告(論文)は今のところ確認されておりません。 ただ…

[続きを読む]
Q血液をサラサラにする目的でアスピリンを飲んできます。イソフラボンを摂取してもいいですか?
A

アグリコン型イソフラボンのアスピリンに対する作用に関する報告(論文)は今のところ確認されておりません。 ただ、…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む