イソフラボン倶楽部 > イソフラボンとは > 受精卵を着床しやすくする作用

イソフラボンとは受精卵を着床しやすくする作用

イソフラボンは、 受精卵が着床しやすい環境に導きます!

妊娠するためには「受精」と「着床」が必用です。最新の医学で受精は可能になりましたが、 難しいのが着床です。 なぜなら、顕微鏡下で受精はできても、着床はやはり女性の体内でしかできないことなのですから。 着床がうまくいくには、いろいろなサイトカイン(細胞間情報物質)が必要であることがわかっています。そして、ダイゼインリッチアグリコン型イソフラボンには、これらの着床に必要なサイトカインの分泌を促進する働きがあることがわかってきました。 排卵から着床するまでの図

■着床のためのホルモンとサイトカイン

エストロゲン 卵胞が成熟するとエストロゲンの分泌量が増え、それが排卵のサインとなります。
・プロゲステロン 排卵後の卵胞は黄体へと変わり、プロゲステロンを分泌。受精卵を着床しやすくします。
・LIF(リフ) 着床の第一歩となるサイトカイン。エストロゲンやプロゲステロンの分泌にともなって産生され始め、 受精卵の着床を促します。
・TGF-β(トランスフォーミング成長因子β) 子宮内膜の環境を受精しやすいように整える働きのあるサイトカイン。
・グリコデリンタンパク質 受精卵を子宮内膜にくっつける手助けをするタンパク質。

臨床データイソフラボンの不妊治療への有効性(1)

ニチモウバイオティックス社と武庫川女子大学との共同研究により、ダイゼインリッチアグリコン型イソフラボンの、不妊治療への有効性が確認されました。 この研究成果は世界初の画期的なもので、英国の医学雑誌「J.Endocrinology」でも高い評価を受けました。

試験概要

In vitro(細胞試験)の実験で、子宮内膜ガン由来細胞(Ishikawa細胞)、および初代分離した子宮内膜上皮細胞を用い、血漿中の濃度の範囲内のダイゼインリッチなアグリコン型イソフラボンを投与することにより、LIFおよびTGF-βの分泌、ならびにグリコデリンタンパク質の発現を調べました。

試験結果

ダイゼインリッチなアグリコン型イソフラボンを摂取することにより、着床に必要なサイトカインである「リフ(LIF)」は12倍に、「トランスフォーミング成長因子β(TGF-β)」は5倍に増えていることが確認されました。さらに、受精卵が着床するときに接着剤のような働きをする「グリコデリンタンパク質」も増加することが認められました。 イソフラボンのLIFとTGF-β分泌促進のグラフ

この試験は、世界で初めて、アグリコン型イソフラボンの不妊治療への有効性を確認したんだよ! そして実際に、医療の現場でもホルモン治療に代わる代替療法として使われているんだよ。

すごーい!妊娠を望む女性にとっては朗報ね!

参考文献

  • (1)soflavones regulate secretion of leukemia inhibitory factor and transforming growth factor b and expression of glycodelin in human endometrial epithelial cells.(日本語:イソフラボンは、ヒト子宮内膜上皮細胞における、白血病阻害因子およびトランスフォーミング成長因子bの分泌、ならびに、グリコデリンの発現を調整する
    J. Endocrinology 196: 425-433, 2008.
よくある質問
Qイソフラボンは、女性なら何歳でも飲んで大丈夫ですか?
A

食品安全委員会のイソフラボンの評価によると、15歳以上の方を対象としています。(妊娠中および授乳中は除く) し…

[続きを読む]
Q子宮筋腫があります。飲んでも大丈夫ですか?
A

現在発表されている研究データからは、大豆やイソフラボンは子宮筋腫に悪影響を与えることはないと確認されています。…

[続きを読む]
Qホルモン補充療法(HRT)を行っています。イソフラボンを摂取してもいいですか?
A

併用は特に問題はありません。 ただし、イソフラボンの女性ホルモン様作用を期待して併用される場合は、残念ながらイ…

[続きを読む]

→さらに他の質問を読む